お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2023年03月03日

多血小板血漿療法

多血小板血漿療法ってどうですか?

ある患者さんが腱損傷に罹患してしまいました。
安静を指示されしばらく様子を見ていましたが、
運動を再開すると再度痛みが生じました。

手術は嫌だという気持ちがあって
腱断裂の治療法をググってみたところ
多血小板血漿療法と脂肪幹細胞注入療法という
新しい治療法を見つけてきた様でした。

恥ずかしながらいしたんは
初めてそんな治療法を聞きました。

「わかりません!!」

正直に答えました。汗

後日友人の整形外科医1に話を聞いたところ、、、

あればボロ儲けの治療やで!
提供側になるとすれば効くかわかりませんと
重々説明して打つだけでウン十万円貰えるんだから。

治らない場合は病院の整形外科で手術してもらえ!
っていうだけで結果に責任取らなくていいからな。

もし俺が主治医だったらやめとけと止めるね。

だそうです。笑

さらに後日、実際に多血小板血漿療法を
提供している開業医の先生を知っている
別の整形外科医のドクターに
話を伺ったところ、、、

多血小板血漿を使ったこの療法は
サイトカインを入れるイメージです。
エビデンスは英文より和文の論文に多くて
殆どの効果指標は患者VASが改善していることです。
だから構造的な治癒が起こるわけではなく
痛みをとるための治療というポジションです。

だそうです。。。

鎮痛のためにウン十万円か。。。
相談してくださった患者さんには
正直に上記をお伝えしました。

治療を受けるかどうか迷っている方の
参考になれば。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 整形外科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年02月05日

骨軟骨腫

骨軟骨腫(外骨腫)は
手足の腫瘤をきたす疾患です。
レントゲンで骨幹端部に
ツノのように膨隆するのが特徴です。
このツノの表面が軟骨で覆われているのが
骨軟骨腫の名前の由来なのだそうです。

原発性骨腫瘍の中で最多で、
成人にも見られますが、
5-20歳で好発するとされます。
約45%が10歳台で腫瘤を自覚しています。

自然経過としては骨成長に伴い
外骨腫も増大する場合が多いそうです。

骨と軟骨からなる良性腫瘍ではあるのですが
稀に悪性化します。
外骨腫の表面の軟骨が2 cm以上に
厚くなった場合に悪性化を疑いましょう。

治療については手術ですが、
その適応は以下の通りです。

 痛みや機能障害などの症状あり
 整容的問題

参考になれば!

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 01:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 整形外科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年02月02日

横紋筋肉腫

横紋筋肉腫(rhabdomyosarcoma)は
軟部組織の悪性腫瘍の代表的疾患です。

病理所見に基づいて、胎児型、胞巣型、
多形型、紡錘細胞型に分類されます。
各病型についていしたんの知っている範囲で
ザクっとまとめてみました(古くてすみません!)。

胎児型(65%)
 -10歳未満
 粘膜下に発生するものはポリープ状に突出しブドウの房状
 →別名:ブドウ状横紋筋肉腫
 部位
  乳児の頭頸部(鼻咽腔)、泌尿生殖器(膀胱、膣)が好発
  胆道系(総胆管)、後腹膜、四肢にも発生する
 組織所見
  未熟な円形細胞、紡錘形細胞、横紋筋芽細胞が混在
 化学療法が有効

胞巣型(28%)
 10歳台
 四肢の筋肉に好発
 躯幹、頭頸部にも生じる
 稀に皮膚原発
 多くは全身転移をきたして死亡する
 病理
  腫瘍細胞の主体は円形細胞
  分化した横紋筋芽細胞が混在する
  腫瘍細胞が胞巣状に配列
  結合組織性の隔壁で境される
  胞巣の辺縁部では腫瘍細胞が1列に並ぶ
  胞巣の辺縁部では腫瘍細胞が干し柿を吊るしたように隔壁に付着
  デスミン、筋特異アクチン陽性
 原因
  t(2;13)(q35;q14)
   PAX3-FKHR
  t(1;13)(p36;q14)
   PAX7-FKHR

多型型(2%)
 40歳台、50歳以上
 高悪性度
 多形性を示す大型の異型細胞(横紋筋芽細胞)が増殖
 豊富な好酸性の細胞質を有する

紡錘細胞型(5%)
 小児の傍精巣領域や頭頸部に好発
 病理
  細長い均一な紡錘形細胞が束を形成
  分化した横紋筋芽細胞に乏しい
 比較的予後の良い

お役に立てば!

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 整形外科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SEO対策テンプレート
医師の気持ち