お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2024年02月21日

唾液腺腫瘍

唾液腺腫瘍は様々な疾患が含まれます。
WHO分類は2005が使われてきましたが、
2017年に改訂されました。

WHO分類2017は以下の通りです。

 悪性腫瘍
  粘表皮癌
  腺様嚢胞癌
  腺房細胞癌
  多型腺癌
  明細胞癌
  基底細胞腺癌
  導管内癌
  腺癌NOS
  唾液腺導管癌
  筋上皮癌
  上皮筋上皮癌
  多形腺腫由来癌
  分泌癌
  脂腺腺癌
  癌肉腫
  低分化癌
   未分化癌
   大細胞神経内分泌癌
   小細胞神経内分泌癌
  リンパ上皮癌
  扁平上皮癌
  オンコサイト癌
  境界悪性腫瘍
  唾液腺芽腫
 良性腫瘍
  多形腺腫
  筋上皮腫
  基底細胞腺腫
  ワルチン腫瘍
  オンコサイトーマ
  リンパ腺腫
  嚢胞腺腫
  乳頭状唾液腺腺腫
  導管乳頭腫
  脂腺腺腫
  細管状腺腫とその他の導管腺腫
 非腫瘍性上皮病変
  硬化性多嚢胞腺症
  結節性オンコサイト過形成
  リンパ上皮性唾液腺炎
  介在部導管過形成
 良性軟部病変
  血管腫
  脂肪腫
  結節性筋膜炎
 血液リンパ球系腫瘍
  MALTリンパ腫

お役に立てば!

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 耳鼻科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月04日

先天性難聴 遺伝子治療

先天性難聴の治療は非常に困難ですが、
最近遺伝子治療の成功例が報告されてきました。

まずはEli Lillyの遺伝子治療AK-OTOFです。
AK-OTOFは内耳の有毛細胞の
オトフェルリン(otoferlin)を作る
遺伝子の変異で生じる難聴を治療します。

Ph1試験で先天性難聴の11歳の子で
どの周波数も聞き取ることができるようになりました。

2人目の投与患者も含む試験結果が
来月3日にAssociation for Research in Otolaryngologyの学会で
報告される予定だそうです。

Positive Phase 1/2 Clinical Trial Data
for an Investigational Gene Therapy
for Genetic Hearing Loss

また同じくオトフェルリン遺伝子変異の先天性難聴に対して
AAV1-hOTOFで治療されたという報告もありました。

本当にすごいですね。
遺伝子治療はこれからどんどんんと進んでいくのでしょう。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 耳鼻科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月14日

上顎洞穿孔

上顎洞穿孔という病気に初めて出会いました。

内科当直中に看護師さんから相談がありました。
左の頬から変な音がするという主訴で、
どこに振ったらいいのかわからないということで
とりあえず診させていただきました。

よく分からない訴えはどうしたらいいのか分からないので
若い頃は少し嫌な気持ちになっていたものですが、
経験を積んで典型的な症状を見慣れてからは
そういうよく分からない症例がくると
逆にとてもワクワクするようになってしまいました。汗

さて、伺うと抜歯をしたばかりで、
嚥下時に左頬の違和感があったり、
左眼窩の違和感があったり、鼻声になったり、
耳鼻科っぽい感じでした。

頭部CTを撮像して当直の耳鼻科の先生に相談し
抜歯後の上顎洞穿孔という診断になりました。
穴が小さく血餅などで塞がり自然治癒していく
可能性が高いのではないかという見立てでした。

調べてみると穴が閉鎖しない症例もあるようで、
口腔粘膜弁形成(Wassmund法、Rehrmann法、Axhausen法、Pichler法)と
減張切開と縫合などで上顎洞閉鎖手術をするようです。

抜歯ってそんな偶発症があるんですねー。
勉強になります。

よろしければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
posted by いしたん at 07:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 耳鼻科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
SEO対策テンプレート
医師の気持ち